遺言書の種類・形式 自筆証書遺言の特徴・メリット・デメリットは?

遺言書の種類は?

民法には、普通方式の遺言書として次の三種類の形式が規定されています。

①自筆証書遺言・・自分自身で、作成する遺言です。

②公正証書遺言・・公証役場を介して作成する遺言です。

③秘密証書遺言・・基本的には、自筆証書遺言のように自分で作成します。

遺言書の存在だけを公証役場にて証明してもらいます。

他にも、特別な方式の遺言として「危急時遺言」「隔絶地遺言」も規定されています。

上記3種類の中で、オーソドックスな遺言書としては、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」が挙げられます。

秘密証書遺言とは、上記のとおり自分で作成した遺言書の存在のみを公証役場で証明してもらう制度です。

公証役場は、遺言内容が法律的に有効か?無効か?というところまでは判断してくれません。

そのためか、あまり利用されていないのが現状です。

自筆証書遺言の特徴・自筆証書遺言のメリットは?

自筆証書遺言のメリットは、簡単に自分で作成することが出来る点です。

手数料も不要なこともあり、とても容易に作成できます。

もちろん、修正や再作成も容易にできます。

自筆証書遺言の特徴・自筆証書遺言のデメリットは?

自筆証書遺言のデメリットは、遺言書が法的に有効となるためのハードルが高いことです。

自筆証書遺言は、遺言者が全文・日付・氏名を自署し、押印する必要があります。

また、ちょっとした内容・様式・方式の不備で、遺言書が無効となることもあります。

さらに、相続開始後には、相続人が「検認」という手続きを家庭裁判所に申し立てる必要があります。 「検認」とは、遺言書の偽造・変造を防止するため、裁判官が、遺言書の方式面や状態などを確認する証拠保全手続きです。

公正証書遺言を作成する場合のメリット・デメリットは?

公正証書遺言のデメリットは、やはり、費用がかかることです。

公正証書遺言を作成しれくれる公証役場に報酬を払う必要があります。

さらに、戸籍謄本・印鑑証明・不動産評価証明書等の書類を用意する必要があり、その取得費用と手間がかかります。

ほかにも、公正証書遺言の作成時に、証人2名が必要となり、その方への報酬も必要となります。

また、弁護士や行政書士といった専門家に公正証書遺言の作成をサポートしてもらうと、その報酬も発生することになります。

秘密証書遺言書を作成する場合のメリット・デメリット

・秘密証書遺言書を作成する場合のメリット

秘密証書遺言は、遺言者が、署名押印した書面を封印します。

その封書を自己の遺言書である旨を公証人と証人2名に申述する必要があります。

秘密証書遺言書のメリットは、遺言書の存在だけは知っていて欲しいけど、遺言書の内容は知られたくない!ということが可能なことです。

また、作成の方式も、本文をワープロで作成することも認められているなど、自筆証書遺言に比べて緩やかになっています。 ほかにも、秘密証書遺言書の開封は、家庭裁判所の検認の場で行われるので、偽造・変更される可能性が低い点もあげられます。

秘密証書遺言書を作成する場合のデメリット

秘密証書遺言書のデメリットは、自分で保管しなければならない点です。

また、自筆証書遺言と同様に家庭裁判所による「検認」の手続きも必要となります。

秘密証書遺言は、メリット・デメリットの点からも、自筆証書遺言や公正証書遺言と比べて中途半端な感じは否めません。 そのせいか、自筆証書遺言や公正証書遺言に比べて、利用するケースが少ないのが現状です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。